脊柱管狭窄症について

こんなお悩みありませんか?

  • 足腰に痺れはあるが、痛みはない
  • 最近、尿漏れすることが増えた
  • 歩くと足腰が痺れ動けなくなる
  • 長時間、立ち仕事をすることが多い
  • ちょっとした段差に躓くことが増えた
  • 前屈みになると足腰が楽になるようになった
  • 車の運転などの動作が辛くなった

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は中高年に発症することが多く、一般的には年齢を重ねていき老化現象によって引き起こされると言われています。

背骨のことを脊柱と呼び、それぞれの背骨の中央には穴が空いていて、この穴がつながってできる管のことを脊柱管といいます。この脊柱管が狭くなることを脊柱管狭窄症と言います。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は、加齢や労働などの影響で腰の部分で変形してしまった椎間板によって、背骨や椎間関節から突き出た骨などに神経が圧迫されることが原因と教科書的には言われています。

腰の部分で脊柱管の幅が狭くなることで、腰を伸ばした姿勢の場合に神経症状が発症しやすく、腰をかがめるような姿勢は脊柱管が広くなるので、症状が改善されるといった特徴があります。脊柱管の狭窄が症状の原因であるならば、この狭窄を外科的(手術など)に拡げるしか手段がないことになります。

しかし、脊柱管狭窄症と診断された方でも手術をせずに症状が改善した方が数多くいます。脊柱管狭窄症ではない別の原因にアプローチすることで、症状は良くなるのです。

脊柱管狭窄症の症状

歩くと足にしびれを感じたり、こわばったりすることがあります。体を休ませると症状が改善されることが多いので、長い距離を続けて歩くことができず、歩行と休息を繰り返すようになります。

重症化すると、安静時でも痛みやしびれが出たり、排尿や排便がしづらくなったりすることもあります。脊柱管狭窄症を誘発する疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症・腰椎すべり症などがあります。

上記のような診断を受けていて辛い痛みが続いてお悩みでしたら、当院に是非一度ご相談ください。

脊柱管狭窄症でお悩みなら
広尾FIELD鍼灸整骨院へ

脊柱管狭窄症でお悩みなら渋谷区にある広尾FIELD鍼灸整骨院へお任せください。

当院では施術を行う前に丁寧にしっかりとしたカウンセリングを行い、痛みの原因を見極め適切な施術をご提案しております。また、日常生活でのアドバイスなどもお伝えしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

辛い痛みや不調・身体の歪みでお悩みなら
広尾FIELD鍼灸整骨院へお気軽にご連絡ください。

電話予約はこちら

お問い合わせ

LINE予約

LINE予約

院名 広尾FIELD鍼灸整骨院
所在地 〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-1-36 カメリア広尾1F
営業時間
月・火・木・金
9:00~19:00
営業時間
水・土
9:00~14:00
休診日 日曜日・祝日
アクセス 東京メトロ日比谷線 広尾駅徒歩6分

Google Map

GoogleMap